MGフリーダムベースで1/100デスティニーをミキシングビルド。
ほぼMGフリーダムからの改修でよりMGラインを追求してみました。
オリジナル解釈もいれ、MG化されても見劣りしないように各部を徹底改修。
1/100の素組みとの比較画像
武装編
←クリックしてください
ブラウザでお戻りください
頭部
デスティニーベース
ヘルメットを分割し前後に延長、形状変更。
ツインアイの作り直し、クマドリのバランス変更、マスクのラインを微妙に調節。
ブレードアンテナのシャープ化。
頭頂部メインカメラを二重構造に。
胸部
基本的にMGフリーダムベースで改造しています。
胸部比較画像
白い部分はプラバン、クリームはエポキシパテ。
一部キットパーツを使用し削りこみで調節。首は後半分を移植
(ゲージになってるだけですが・・・)
後ろから見ると本体にフリーダムの形跡があります。
各部がよりグラマラスになりますね。
腕部
MGフリーダムベース
上腕外装のみフリーダムのまま。
前腕はパテで形状変更。
すこし先すぼまりになっています。
位置決めの穴がわかると思います。
最終的には接着していますが、これにより「ズレ」が起こらないようにしています。
カウリングはMGシャイニングガンダムの物を改造。
穴左:青いカウリングの固定+フレームと前腕の固定。
穴右:シールド固定用(ABSの穴につながります)
右ピン:カウリングのぶれ防止、位置決めダボ。
この角度で「先すぼまり」がわかると思います。
マニピュレーターはMGウイング用。
手の甲はデスティニーを移植し、先端をとがらせています。
またエポキシパテで裏面フレームモールドを製作。マニピュレーターと甲のパーツのすり合わせに苦労しました
各部ディティール作り直し。
スラっとした中に力強いラインを意識。
左右可動指(MGウイング改)
左平手(ビーム口はメタルビーズに変更)
右アクションイメージ平手(スクラッチ・ビーム口はメタルビーズ2o)↓画像参照
ノーマルとの比較
かなりスラッとしました。
アニメ作画を見ながら新造。
手の甲の芯はキットの平手を使い、真鍮線で骨格を造り、エポキシパテで造形。
ビーム口はメタルビーズで塗装後に接着。
口のパーツも左右非対称に形状変更。
少しハッタリの効いた感じにしてみました。
腰部
Gフリーダムベースに外装はデスティニーを徹底改修。
股間アーマー角度、ボリューム変更。
股間軸を2o下げ、また2o前へ。その際により足がハの字に開くように、後に角度をつけ接着。真鍮線で補強し固めています。
フロント、リアスカートを分厚くほぼ新造。
裏面を作り、塗分けています。
サイドアーマーは一度分割、延長、形状だし。
かなり分厚く、大型化したスカート。アニメ作画を意識したラインにしています
リアスカートは大幅に大型化。形状共々ほぼスクラッチになっています。サイドアーマーもプラバンで内側からライン変更し、延長。
又、可動する様にしています。
←各アーマー裏面も製作。
脚部
MGフリーダムベース
太股は面取り変更。
スネアーマーはデスティニーを改造しスライド、分割に対応。
足首フレームで3o延長。
アンクルサポート形状変更。
ご覧のように格段に可動範囲が向上。
ほぼMGフリーダムのままの動きをします。
足裏はかかとのノズルをあわせるため移植。つま先は強度優先でフリーダムのデザインを敬称しています。
またヒザスライドはご覧のようにヒザ上突起が別フレームと解釈。
ウイング
延長大型化。ノズル部はブラスパイプSS、小羽も含みすべて調整。
一番下の子羽は可変。
露出フレームを作ってみました。基部はmGフリーダムの物に改造。回転にも対応。
バックパックも本体に合わせ大型化、デザインアレンジ。
劇中作画のイメージで「うねり」を伴った形状で大幅に大型化。
キットとの比較その違いは一目瞭然です。
大ばねは長さで約1.5倍延長されています。
広げるとより大きさがかわります。
延長された子羽をいれると上下幅は約2倍に。
一番下の羽は可動します。青い羽はMGフリーダムの菱形断面の羽を活かし切り出ししました。
子羽真ん中3本は同じに見えてすべて形状長さを変更。バランス調整しています。
羽内部フレームモールド。
プラバンで製作、
少し露出して固定します。
この後調整でさらに形状を変えています。