YMS-14 GELGOOG
[CHAR AZNABLE'S CUSTOMIZE]
-Full Werpon Spec-
MGゲルググをベースに、より力強いイメージになるようにMGドムの腕、太股〜ひざ関節を移植、さらに可動方法の変更を盛り込み、さらに気になる部分を徹底改修し、自分なりの「ゲルググ」に仕上げました。
小説版では同時期にシャアはドムに乗っており、時期的に同じ=武器も同じでも良いのでは?という解釈で「ビームバズーカ」「ジャイアントバズ」も持たせてみました。
形状的にも設定にとらわれすぎないように注意し製作しました。また、カラーリングは完成品のジオノグラフィー(シャア専用リックドム/ペズン・ドワッジ)を参考にしています。
◆改造点

○頭部
約1.5ミリ幅まし。よりアニメ的なボリュームにして見ました。
また、サイドのボリュームやノーズ等、エポパテにより微調整しています。
より薄いほうが望ましいので、カメラガードを透明塩ビ版に変更。
モノアイ基部をバーニアパーツで二重構造にし、Hアイズの「ピンク」をはめ込んでいます。
ブレードアンテナは選択式で2種用意。

○胸部
前面のライン変更。
肩軸の構成を変更し、内部フレームを改造。
露出するフレームと、関節技ボールジョイントで可動範囲の拡大と保持力アップをはかりました。
腰フレームは、コクピット開閉をオミット。ボールジョイント下側の構成を変更し、引き出し式のボールジョイントに変更。
これにより「ひねり」により対応しています。
また、面取りの変更。

○腰下
股間軸をMGドムの物を位置変更し、たちポーズが決まる位置に変更。(2mm真鍮線で補強しています)
スカート内バーニアを3基>5基に変更。
サイド、フロントスカートを分割、独立可動に。(サイドは固めの引き出し式ダブルポリキャップ式・フロントはスプリングジョイント)
フロントは、位置決め用の爪をつけて、少しでも位置ズレが起こりにくいようにしています。
裏面に段モールド追加。(スカート裏面淵)

○腕
MGドムの構成を丸々移植。これをベースに改造。
肩は軸可動に対応すべく、MGドムに付属の強化型4ミリ径のポリに変更。
前腕をゲルググのサブスラスターを移植に伴い形状変更。
マニピュレーターは、HDM(ハイディティールマニピュレーター)を2種用意。(ドム.リックドム用、リックドム用2)
肩はフレームを「スラスターフレーム」と解釈し、フレームを製作。
ポリキャップにより、肩外装の一部が取り外しできます。
この構成変更により、肩の独立可動範囲が大幅に向上しています。
肩アーマーの内側ディティール追加。
左腕のみ、サブスラスターにポリキャップをいれ、シールド保持に。

○脚
太股〜ひざフレームをMGドムの物を移植。
フレームを接いでいるので、補強も入れています。
これに伴う各部調整。
ヒザアーマーの面取り変更。
左右対称のスカートアーマーの外側を延長。左右非対称にし、立ちポーズが綺麗になるようにしました。
スカート裏面に「コ」の字型のプラ棒を並べて、スカート自体がスラスター的なイメージにしています。
足首の可動範囲を若干拡大。
パイピングをモデラーズのラジエターホースに変更。

○バックパック
基本的にノーマル形状でディティールアップ。
各部面取り調整、メインバーニアを市販パーツに変更。

○各部ノズル
バックパックメインノズル以外の全ノズルに、市販ノズルを入れ二重構造に。
各ノズルのエッジを整えています。

○武装
ライフル
ノーマルライフルは砲身が細いので、二周りほど太く改造。
スコープは塗分けて、レンズHアイズのピンク。

ジャイアントバズ
ほぼストレート組み。
サイトを二重構造に変更。
各部を軽くディティールアップ。

ビームバズーカ
GFFを参考にディティールアップ。
ノーマルはかなり大味ですので、かなり見栄えよくなりました。
サイトはHアイズ、パイピングをモデラーズのラジエターホースに変更。

シールド
グリップを可動式に変更
腕に付けられるように工夫。

サーベル
軽くペーパーがけ後、つや消しクリアー塗装。
◆塗装
基本処理、サフ終了後

○ピンク
ガンダムカラーピンク2+ホワイト+蛍光ピンク少々+蛍光オレンジ少々
○赤
ガンダムカラーレッド2+ブラック少々
○白
フィニッシャーズ ファンデーションホワイト
○赤(バックパックメイン)
フィニッシャーズ ファンデーションホワイト>フィニッシャーズリッチレッド+クレオス 蛍光ピンク+ホワイト
○黄
フィニッシャーズ ファンデーションホワイト>ガンダムカラーイエロー2+ホワイト
○シールド
ガンダムカラーブルー14(淵は本来黄色ですが、あえて白で塗装しています。)
○ノズル
ベースグレー>スーパーファインシルバー

使用キット MG Re-GZ

塗装前途中状態はこちらです。改修箇所などはこちらがよりわかりやすいと思います
ブラウザでお戻りください


今回グレーは微妙に使い分けました。
○フレーム
ガンダムカラーグレー24+ファントムグレー
○シールド裏
ニュートラルグレー+ネービーブルー+ホワイト
○装甲裏(見える部分のみ)
ニュートラルグレー+軍艦色2+ホワイト
○バズーカ等
ガンダムカラーグレー24+ネービーブルー+キャラクターブルー少々+蛍光ピンク少々
○ソール等
ガンダムカラーファントムグレー

○トップコート
スーパークリアーつや消し+スーパークリアー2でつや消し仕上げ。


その他、オリジナルデカール、ガンダムデカール等でディテールアップしています。
スミイレは各種エナメル塗料を混合し、2〜3色使い分けしております。




↑ノーマル仮組みとの比較画像です。
画像をクリックしていただくと、大きいサイズでご覧頂けます。
GELGOOG GALLERYです。
画像をクリックしてください

頭部内部フレーム
各部を若干ディティールアップ
メインカメラは二重構造になっているのがわかるでしょうか?
結構気に入ってます(^^)
肩フレーム
画像は蛇腹のラバーパーツをはずしています。
見えないところですが、ちゃんと塗装済みです。
この状態でもかっこいいかもですね(^^)
露出フレームは結構気に入っています。
肩スラスターフレーム
ここはフレームで肩のアクションを行っていますので、この状態だと良く動くのがわかると思います。
上下、回転側に対応。
肩アーマー装着時はここまで動きませんが、効果絶大です。
また、肩アーマー接続の際は、一度フレームをはずし、セット後はめるようにすると負担をかけずにしっかりはめられます。
リアアンダービュー
シルバーに統一したノズルが良くわかると思います。
この角度
ジオン系スカート付系は迫力ありますね。
バックパック込みで23基のバーニアノズルです。
(すごっ!)
脚のスカート内部のスリットも効果的です。
バックパック
オリジナル解釈で塗装。
シャアザクが赤のバックパックですので、これも「赤」を持ってきました。
グレーだけで4種類塗装しています。ノズル込みで系6色。
マスキング命です(^^)
サイドにはメタルビーズ出アクセントを入れています。
今回全身各部に26個のメタルビーズを使っています。

Aがサイドアーマーに軽く引っかかり、位置決めに。
Bはこの突起でスカートが入り過ぎないようにストッパーにしています。

スカートアーマー内部
サイドアーマーは引き出してから跳ね上げます。
少し固めですので、ゆっくりと動かします。(クリアランスの関係上、補強に限度がありますので雑に扱うと怖いです)バーニア5基も綺麗に収まりました。
脚フレーム
シリンダー(キットのダミーシリンダー)はアルミテープで金属感を出しました。
塗装では出ない質感が良いです。
はがれにくいのも特徴です。
動力パイプはモデラーズのラジエターホース2.2ミリを仕様。白でもないグレーでもない色合いが気に入っています。
HDM
今回は2セット用意しました。(高!!)
ドム・リックドム用とリックドム用2(シャア専用リックドム)をチョイス。腕にあうのは当たり前ですが、大きさ、形状共にベストかと。
シールドマウント
可動指ではないので握れません。
ですので、左用サポート手首で(写真左の一番右、真ん中)で挟んで、シールドラックをおこすと、丁度ポリキャップにはめられるようにしています。また、写真左の状態でも径が同じですのでつきます。この場合は手に持たせず、「肘マウント」になる。と言うわけです。
ライフル
基本的にはノーマルですが、砲身を作り直しています。またバレル部分の付け根も太く。
もちろん→
指は二本がけです!
ドムの物を改造しています。

↓ジャイアントバズ
軽くディティールアップしたほかはストレートです。よい出来です。
シールド
カラーリングは本来、枠は「黄色」ですが、派手すぎる感じがしたので、あえて
「白」としています。
グリップも無可動ですので、1<>2と動くようにしています。
もちろん回転します。
ビームバズーカ
今回一番いじった武器です。
ジオノグラフィーをお持ちの方は良くわかると思いますが、MGのものはかなり「大味」です。
ディティーリングをジオノに寄せる方向で仕上げました。
カラーリングもジオノより少し濃い目ですが、ほぼ同じイメージに仕上げてみました。本体とのマッチングがよろしいかと。
Aはモデラーズのラジエターホースを使っています。