「ザクとはちがうのだよ!ザクとは!!」
ランバ・ラルのグフ、めちゃめちゃ好きです。とくにラル用は劇中でその性能を見せ付けましたからね。
個人的に「グフ」と言えば、ラル用の「YMS-07B」ですね。キットはかっこいいんですが、なんか自分のイメージちがう。B3的なデザインになちゃってるんですよね。
まぁ、実際はそうでないとおかしいのですが(^^)
で、これまた「GUNDAM WEAPONS」のグフ編のMAX渡辺氏の作例を見て、「かっこえ〜!!」と思い,
サザビーに次ぐ”マックスレプリカ第2弾”と言うことでアレンジを入れながら徹底改修しました。

 動力パイプは、個人的に大好きなブラスパイプのLを使用。
頭部動力パイプはノーマルの芯にスプリングを通し、ブラスパイプ。
腰動力パイプは、真鍮線を芯にスプリング、ブラスパイプ。
 頭部は、モノアイスリットから口のダクトまでのラインをアルテコSSP-HGで修正。先に行く程すぼまっているのでプラ版をかまして広げました。
 つり目過ぎるのでスリット横も形状変更。
 モノアイはHアイズピンクの裏にラッピングテープをはって、両面テープで固定。
スパイクアーマーは、肩ア−マ−を胸に被せるために幅まししスパイクは一旦切り離して曲がったスパイクはエポパテで太く、残りのスパイクはザクの物を先をとがらせ、1.2mmプラ版で底上げした物を”片思い”とWAVEの”レジン”で複製。
スパイクア−マ−裏もコトブキヤの丸ノズル、マイナスモールド等でディテールアップ。
 肩パーツは、プラ版で囲んで大型化。
 胸部左右パーツは前後を幅詰めし腕の付根のパーツHGUCガンダムのようにせり出すように改造し腕を前でくめるように。
 腰はエポパテで太くし、コックピットハッチとスカートア−マ−との擦り合わせを調節。
 太股はごッつくエポパテで整形それにあわせスカートア−マ−をエポパテで広がった分幅まし。
 股関節はMGガンキャノンのように、余ったグフの関節パーツで前後に可動するように改造。
 ひざ関節は、引き出し式でかなり曲がります。このパーツはポリキャップとプラ版で蛇腹パーツを製作。
 すねは、上下で約5mm幅詰めし、ひざア−マ−は独立可動するように改造。ひざ関節で約5mm延びているので、足の長さはほぼ変わってません。
 足のこうの部分は三重関節でソール部から自然につながるように改造。ポリキャップとプら棒、イエローサブマリンの関節技ボールジョイント使用。
 シールドは”ラルグフ”のイメージ的に小さく感じたのMAX氏の作例とは違いノーマルシールドをエポパテとプラ版で大きく改造。
裏面もそれらしくプラ版と市販パーツで製作。
 ヒートロッドは芯をアルミ線に変更し、先のパーツは切り離して先までフレキシブルに動くように改造。
 右手はハイディテールマニピュレーター/グフ用、左手のマシンガンは、エバーグリーンのハーフラウンドプラ棒を真鍮線でつないで関節を設け、可動するように改造。微妙な表情付けが出来ます。



塗装

ベースグレーをパーツ全部に吹き付け後
青:スカイブルー+蛍光ピンクを面吹後、クリアーブルー+クリアーレッド+蛍光ピンク+スーパークリアーをオーバーコート。
濃い青はこの上に、蛍光ピンクを足した先ほどの混合クリアーブルーをコートしさらにクリアーブルー+スモークグレー+スーパークリアー半光沢をオーバーコート。
 黒:ネービーブルー+蛍光ピンクを面吹き。
メカ色:ベースグレーの上からブルーパール。
グレー:白立ち上げ後、スモークグレーをオーバーコート。











ブラウザでお戻りください