RX-78-2 GUNDAM Ver'1.5改[最終決戦仕様]
◆改造点

○頭部
マスクのアトハメに伴い、分割の変更をしました。
ひさしの角度を若干やわらかく、クマドリをシャープに削り直ししました。
あごを若干太らせています。

○腕部
陸戦ガンダムのものをコンバート。
肩アーマーはVer'1.5のものです。
肩軸に余裕がありますので、肩アーマーを外側へスライドさせることにより、腕の前後、上下の可動を大きくできます。(立ちポーズの場合は胸部へ肩アーマーを寄せることで間延びがなくなります。)
肩アーマー内部フレームに、追加フレームを製作。見た目をよくしています。
ひじのマイナスモールドを市販パーツで再現。クリアランス調整。
手首カバーは独立可動するようにフリー接続。
マニピュレーターはVer'1.5の物を使用。甲の部分をエポキシパテでボリュームアップ。

○胸部
タイトに見せるため、ダクトのレイアウトの関係でVer'1のものを使用。
ダクトは裏面を、約半分削りこみ、より奥へ配置。
胸部サイドをプラ版で裏打ちし、削りこんで若干の小型化。同時に肩のラインを変更。
首を左右約1ミリづつ幅まし。
エリはVer'1.5のもので、本体とすり合わせ、首後ろ側にディテール追加。
腹部はコックピットハッチの面取り変更と下側へプラ版で延長。
腰の赤い部分は、表面のデザインをシンプルに、削りこみとパテ埋め。
前後あわせに伴う合わせ目を段落ち加工。
胸部筋彫り変更。
内部フレームの肩軸を切断し、陸戦ガンダムのフレームを移植。
コアブロックは、下側に陸戦ガンダムのフレームと接続するためのボールジョイントを追加。(コア・ファイターはオミットになります)

○腰下
フレームを陸戦ガンダムに変更。股間軸が前後できます。
越しまわりのスカートを一体化。サイドの軸で前後、左右に可動します。
(このための接続部の支点が、陸戦のものを使うことでVer'1.5よりも前になり、さらに股間軸が前後するので、腰アーマーの可動を助けられます)
ヘリウムコアは四角く整形、レジン複製し数をそろえています。
腰部のバズーカラックはオミットしています。

○脚部
太ももを約1ミリづつ幅まし。前後面積はそのまま、サイドのセンターを支点にボリュームアップしています。

○武器
ハイパーバズーカは2本セット。ともにグリップの独立可動(これにより、より自然に構えることができます)、排気口の作り直しをしています。
ビームライフルはバージョンアップキャンペーンのものを使用。

○シールド
筋彫りを埋めました。
回転式の腕との接続基部を製作。腕のジョイントと接続できます。
また、背中に接続するためのジョイントも差し替え式で製作しました。

○コアファイター
主翼を約4ミリ延長。ディスプレイ用にお付けいたします。(変形機構は残っていますが、羽を延長したため、羽の格納はできません。)
◆塗装

◆塗装
基本処理、サフ終了後

○白
ホワイト+ブラックで作ったサフより少し明るめのグレーをベースに、ホワイトでグラデーション。
○青
コバルトブルーをベースに、左記に白、蛍光ピンクごく少量を足した色でグラデーション。
○赤
レッドをベースに、モンザレッドでグラデーション。
○黄
オレンジ+イエローをベースに、左記にホワイト、イエローを足した色でグラデーション。
○メカ色
ベースグレーにスーパーシルバーをミスト塗装。
メインバーニアはクリアークリアーカラーで焼け表現してみました。
武器、バックパック外装はスモークグレーでコート。
○トップコート
スーパークリアーつや消し+スーパークリアー2でつや消し仕上げ。
その他、マーキングシール、ガンダムデカール等でディテールアップしています。

スミイレは各種エナメル塗料を2〜3種類色目を換え、使用しています。


MG GUNDAM Ver'1.5をベースに、GUNDAM WEPONS等を参考にしながら、独自のアレンジを加えながら改造しました。
「めぐりあい宇宙」の最終決戦をイメージし製作しました。
改造点は下記に書きましたので、少し長いですがご確認くださいますよう、お願い致します


製作途中画像は
こちらに用意いたしました。
ここをクリックしてください。
尚、写真は若干青が白く写っております。カラーレシピを参考にしてくださいますよう、おねがいいたします。
ブラウザで戻ってください