◆SD Hi-νGUNDAM

SDνガンダムを改修しHi-νガンダムにました。
「SDを本気でかっこよく!」というコンセプトで製作しました。
1/144νガンダムのパーツなども流用し、SDとはいえ、かなり手を入れてあります。
足を若干長めにし、各部のバランス取りを図りました。
細かな改造点は下記になります。
◆改造点

○頭部
アンテナを削り込んでシャープに。
エポキシパテ(以下エポパテ)で形状変更し。Hi−ν的なラインに全体を修正。
フェイスもエポパテで、より精悍なイメージに改造。
ツインアイは0.25ミリプラバンで新造。
頭部メインカメラは内部をディティールアップし、クリアーグリーン塗装の透明塩ビ版をはめています。

○胸部
ダクトをエポパテで形状変更。
筋彫り、ライン取りの変更。
胴体部分で約1ミリ延長。

○腰下
フロント、リアアーマーはHWS仕様の外装を芯にエポパテで形状変更。
サイドアーマーは1/144νガンダムの物を芯にエポパテで形状変更。
フロント、サイドアーマーはスプリング接続
股間アーマーをエポパテで形状変更。ダクトは市販パーツ。
Vマークを削ってシャープに。

○腕
キットの肩パーツを削ってフレームに置き換え、1/144νガンダムの肩パーツを形状変更した肩パーツをスプリング接続。
上腕はエポパテで形状変更。
ポリ隠し以下の前腕はHGUCジムを改造、短く幅つめし、左右非対称のHi−νデザインに変更。
マニピュレーターはHGUCジムのものをディティールアップ。

○脚
キットのソールを形状変更。
すねをSDストライクのものを芯に主にエポパテにてスクラッチ。

〇バックパック
HGGSストライクガンダムのエールユニットを基部の芯にし、エポパテ、市販パーツ等でスクラッチ。
プロペラントタンクは1/144ゼータプラスのタンクを形状変更。関節技ボールジョイントで接続。
フィンファンネルはHi-ν形状にスクラッチした物を複製し、数をそろえました。

○武装
ライフル
1/144νガンダムのものを芯に、小説版のラフを参考に形状変更。
サーベル
HGUCΖガンダムのサーベルを形状変更。サーベル刃はHGUCガンダムの物を使用。
シールド
1/144νガンダムの物を幅つめ、形状変更。
裏面をエポパテ、市販パーツで製作。ディティールアップ。
ミサイルはMGνのものを使用。
腕の取り付けラックはジャンクパーツ等でスクラッチ。

○その他
各部○型アポジモーターは1.5o金属ビーズをはめ込んでいます。

○台座
コトブキヤのメカニカルベース2を使用しています。
クリアー>デカール貼り付け>クリアー>つや消しクリアーで塗装しています。

◆塗装
基本処理、サフ終了後

○白
ベースホワイト>ホワイト
○青
ベースホワイト>コバルトブルー+蛍光ピンク+クリアーレッド+ホワイト
○赤
ベースホワイト>フィニッシャーズ リッチレッド
○黄
ベースホワイト>ガンダムカラーイエロー2
○メカ色
ニュートラルグレー+ブラック少量

○トップコート
スーパークリアーつや消し+スーパークリアー2でつや消し仕上げ。

その他、Net Modelersのpapamodelerさん製デカール、マーキングシール等でディティールアップしています。
スミイレは各種エナメル塗料を混合し、2〜3色使い分けしております。
メインカメラは反射シールでアクセントとしました。
三面図

←頭部メインカメラ
内部を作り、シルバー塗装。
その後クリアーグリーン塗装の透明塩ビ版をはめ込んであります。
ツインアイは反射シールです。
↑腕部構成
肩アーマーは1/144νの物を改造、スプリングにより、肩フレームと接続しています。肘から下はHGUCフォーマットです。
↑ファンネルコンテナ
ここは完全にスクラッチです。
基部はポリユニットにより、左右に展開します。
フィンファンネルはフルスクラッチ。複製して数をそろえています。
固めのワイヤーでコンテナと固定しています。
若干動かせますが、壊れる可能性があるので、そのままがお勧めです。
↑リアアンダービュー
足裏は基本的にνの形状です。
かかとのスラスターもエポパテで簡易再現。
↑リアバックパック一式
HGGSのストライクエールユニット基部、市販パーツ、各マテリアルでフルスクラッチ。結構作りこんでいます。フィンファンネルはHi-ν設定画を参考に形状だししています。プロペラントは1/144ゼータプラスの物を加工。
↑各部ノズル
エポパテベースで形状だししました。
各部は彫刻により再現しました。細かいです・・・
↑ビームライフル
小説版のラフ画を参考に、1/144νのライフルを芯にスクラッチ。マニピュレーターは固定しています。
↑ビームサーベル
どこに閉まってあるのか謎?ですが、HGUCゼータの物を改造。
各部形状を1/144νより移植。刃はHGUCガンダムの物を使い。ホワイトでグラデーション塗装しています。
↑シールド
1/144νベース。
切り詰めて、裏面を作りこみました。
ミサイルはMGνの物を使用。
基部はポリキャップでしっかりとスムーズに可動します。
↑台座
コトブキヤのコトブキヤのメカニカルベース2を使用。
接続部がゆるいので、関節技ボールジョイントに変更。
SD Hi-ν GALLERY
MGとの比較
そこそこボリュームあります。重量感は負けません。
現在の基本SDのバランスとの比較。
かなりバランスかえてます。
あとがき
SDはν以降、久しぶりに作りました。
νの時のバランスの反省を活かし、最大限カッコよく仕上げたつもりですがいかがでしょうか?
Hi-νは大好きですが、これが初立体化だったりします。SDとはいえ突き詰めると面白く、またそのボリュームがけしてHGやMGにおとらないヘビーな物だと実感しました。
しばらくSDは作りませんが、また違う形で挑戦したいです。また、デカール製作にご無理を言いましたpapamodelerさんありがとうございました!(^^)
ブラウザで戻ってください。
SD Hi-ν途中状態はこちらです。

肩のアムロマークは小説版です。
こだわり^^