ZGMF-X10A FREEDOM

MG FREEDOMGUNDAMを自分なりによりカッコよくなるように改修しました。
若干ですが胴体が長く、脚が短く見えてしまいがちなバランスですので、その辺を頭に置き、ほぼ全身にわたり微妙な調整を行っております。

◆改造点

○頭部
優しい感じにみえるので、ひさしの角度を変更しイカツクしてみました。
それにあわせて、ツインアイを0.13mmプラバンで新造。目つきを鋭く。
またクマドリ、頬形状も若干いじっています。
またアンテナ基部を約0.8o下げ、アンテナ本体をシャープに。

○胸部
首が前過ぎると判断し、フレームごと2o下げました。それに伴いエリパーツの調整。
また、エリは1o上に伸ばしシャープにしています。
胸部バルカンを金属ビーズでよりシャープかつアクセントに。
胸部ダクトをより薄く削り、開口部をより大きく見せ、劇中イメージに近くしました。中央フィンは0.25oプラバンで新造。
フレームを2o短くし、胴体の短縮をしました。
青いパーツの上部を2mm削り、より胸部紺色パーツにめり込ませ、外装のつじつまを合わせています。

○腰下
股間フレームを2oプラバンでボリュームアップ。
股間軸を2o下げ、また2o前へ。その際により足がハの字に開くように、後に角度をつけ接着。真鍮線で補強し固めています。
長が伸びています。
フロントスカートはエッジをシャープかつ分厚くしました。
裏面を作り、塗分けています。
クスィフィアスのアーマー裏も塗りわけ。
リアアーマーも裏面のパーツを作り、塗わけしています。
フロント、リアアーマー共にHJ誌1/72スクラッチ作例を見本に筋彫りの追加。

○腕
肩部分にアポジモーターを意識し、金属ビーズを埋め込んでいます。
上面に筋彫り追加、前後面の合わせ目部分をより明確なディティールに変更。
上腕に筋彫り追加。
ひじフレームのディティール変更。
前腕のラインをエポキシパテで変更し、ハッチオープンしそうな(オープンはしません)ディティールを入れてみました。
マニピュレーターを一回り小さい、MGウイングガンダムVer'kaの物に変更。甲の部分を薄く削っています。

○脚
ひざアーマーのフレーム部分をよりフレームらしくディティールアップ。
足首外装はそのままに、フレームを2mm延長。真鍮線で補強しています。
※この改造により、胴体の2mm短縮及び股間軸2mm下げ+足首フレーム2mm延長でより脚が長いバランスになりました。視覚的に脚が6ミリほど長く見える計算です。実際は2mmだけ全高が変わっています。
足首アーマーを1mmかさ上げし、間延びの解消。
かかと部分に金属ビーズでアポジモーターを意識したディティールを追加しました。
足裏バーニアを市販パーツで別パーツ化し、ディティールアップ。

○ウイング
ウイング基部の面構成を6面から設定の4面に変更しました。主にアルテコSSP-HGにて形状変更しています。
また、羽の下側、エッジ部分にホワイトのグラデーションを入れてあります。
劇中の作画イメージでトライしてみました。

○武装
ライフル
グリップ部分をマニピュレーターが小さくなった分上下に詰めました。
各部ディティール調整。
サーベル
キットパーツは連結部分がありますが、ディティール重視でオミット。市販パーツの組み合わせに変更。また、サーベル刃出口をブラスパイプSSでディティールアップしています。また、グリップ上部にスイッチ状のモールドを追加しました。
連結部分を切り飛ばした変わりに、HGキットのサーベルを改造し、連結状態のサーベルを製作しています。
(ブラスパイプは透明の金属プライマーで塗装してあります)
◆塗装
基本処理、サフ終了後

○白
ベースホワイト>ガンダムカラーホワイト5
○青
ベースホワイト>コバルトブルー+ホワイト+蛍光ピンク少量
○紺
ガンダムカラーブルー14
○赤
ベースホワイト>フィニッシャーズリッチレッド+蛍光ピンク+ホワイト
○黄
ベースホワイト>ガンダムカラーイエロー2
○メカ色
ニュートラルグレー+軍艦色2+ホワイト
○武器類
ニュートラルグレー+ネービーブルー+ホワイト
○メインカメラ(ツインアイ)
ベースホワイト>イエロー>スーパーシルバーミスト
○トップコート
スーパークリアーつや消し+スーパークリアー2でつや消し仕上げ。


その他、マーキングシール、ガンダムデカール等でディテールアップしています。
スミイレは各種エナメル塗料を混合し、2〜3色使い分けしております。





◆詳しい製作途中状態はこちらです。◆

 FREEDOM ALBUM
ブラウザで戻ってください。
頭部センサー
最近の「こだわり」になってきたセンサー類の造り込み。さほど細かいことはしていませんが、内部パーツ、クリアーパーツの二重構造にするだけでかなり精密感が出ます。ただ、このサイズでは除かないとぱっと見はわかりにくいかもです。
肩アーマー
サイドのスラスターなど、スミイレが難しい場所は先にそこ面を塗り、マスキングで対処もしくは写真のように別パーツで底面を作って、塗装後にはめ込み、接着しています。(今回クスィフィアスの後部スラスター内部と足裏かかと側バーニア内部、バラエーナのダクトに別パーツ使用)
上半身アップ
肩アーマー及び胸部バルカンを金属ビーズでデコレート、キラリとしたアクセントと塗装では出来ない質感が売りです。またエッジもシャープです。
胸部ダクトは写真のように開口部が広がっています。
また、肩アーマー前後面のスリットに注目。(^^)
腰下アップ
この角度ではサーベルがよく見えるので乗せてみました。
サーベルのボタン?モールドがわかるでしょうか?
また、サーベル刃側にブラスパイプssを仕込んでみました。サーベル刃はぴったりはまります。ここは塗装も考えましたが、よりシャープな感じと、基部はコーティングされててもいいかな?と言うことで金色を活かし、プライマー塗装で仕上げました。
←アーマー裏
各部アーマー裏がモールドはあるものの、厚みにかけましたので、プラバンでふたをし、さらにプラバンでモールドを作り、塗分けています。サイドはキットのままでモールドがあるので、同じく塗わけしました。
フロントアーマーは「厚みを増す」と言う改造にも一役買っています。

脚部シリンダー→
ここはいつものラピーではなく、アルミテープを使用してみました。
アルミそのものの光沢が得られるので、ダミーシリンダーにはもってこいです。
可動シリンダーには厚さがありますので使えないかもです。
ヒザスラスター
ここも地味ですが、周りをケガいて別パーツっぽく。また内部の赤色も塗りわけしました。マスキングによるブラシ塗装です。
左のリアバーニアも同じく。
足裏バーニア
ここはモールドのみでしたので、くり抜いて別パーツ化。市販バーニアパーツでよりリアルにしています。
かかと側はエバーグリーンのスリットプラバンで底面を製作。
アップ写真がありませんが、バラエーナの横のセンサー(ブルーの部分)は0.13mm透明プラバンの片面にシルバー塗装し、裏面にクリアーブルー塗装してから貼りこんでいます。キラリと光りますのでいい感じに仕上がりました。
リアアンダービュー
各部ノズル内部等がの構成です。
ウイングは下側に当たる部分のエッジは白になっています。
ここは青〜白ではなく、白〜青のグラデーションで塗装しています。(その後調整はあり)
ライフル
基本はノーマルですが、グリップの幅を変えています。また、各部の細かいディティールを追加。筋彫りの削除、カウリング先端の形状変更を行いました。センサーはクリアー塗装し、内部にラピーテープを張っています
ビームサーベル
子おはキットパーツ改の二丁と。つないだ状態の物を製作。各部ディティールの変更がわかるでしょうか。サーベル刃はホワイトでグラデーション塗装し、つや消し仕上げにしています。
シールド
ノーマル無改造です。
裏面の部分をフレーム色にすることにより、本体とのマッチングをはかりました。
台座
キットのままですが、裏側に真鍮線を4本入れ、補強しています。あまり効果はなかったようです・・・・(^^;
クリアー>デカール>クリアー>つや消しクリアーで仕上げました。
あとがき
フリーダムは4機目です。
HG1/100×2、1/60と作りましたが、やはりMG。基本的な出来はぴか一です。改造もより違う方向に向けられるのがいいですね!
HGは基本プロポーションがよくなかったのですが、その辺はもう出来ていますから。羽はもう完璧でしょう。少しいじってますが、そのままでも問題ないと思います。
この機体は特に好きな機体ですので、より楽しく作ることが出来ました。次はMGジャスティス???でもやらないかもです。
鬼のイーゼさんから頂きました。ありがとうございます(^^)