GAT-X105 AILE STRIKE


「やっぱ俺って、不可能を可能に・・・・」
SEED MGシリーズ第一弾!エールストライク。
いやはやすばらしいキットです。これからのMG SEEDのスタンダードになると考えただけで、以降のキットに期待が持てます。
アクションフレームと名高い「Gガンフレーム」をもしのぐ勢いの可動範囲には驚きです。
肩関節の可動は、明らかにストライクに軍配が上がりますね。今回は大幅な形状変更はぜず、ディテールアップの方向で改造してみました。
自分なりにはかなり気に入っています。
デカール関係は、ガンダムシール関係を使用しています。半光沢つや消しの素材にはうってつけです。
画面でもわからないと思いますが、実際に見ても、淵とかは気になりません。むしろ水転写デカールよりも優れているかも。(お手軽さでも(^^))
ただし、トップコート後に貼ることをおすすめします。
◆改造点

○頭部
高光度白色LEDを仕込み、メインカメラ及びツインアイを発光させました。
クリアーパーツにクリアーカラーで着色しています。
上記に伴うパーツ分割の変更を行いました。
ブレードアンテナをシャープに。黄色アンテナの基部の凹みモールドを形状修正。
ブレードアンテナ中心部(眉間の部分)が幅広に感じましたので、削り込んで細めにし、ほほの面取りを削り込みで修正、アゴの下側を若干削って、顔がすっきりした印象になるようにしてみました。


○胴体
胸部に凸モールド追加。
ダクト内部、先端部に筋彫りでスリットを一本追加。
フレーム内部にON/OFFスイッチ及び電池ボックスを新造し、配線しています。


○腰下
股間上部のダクトを開口し、内部にエポキシパテでダクトモールドを新造しました。
フロントスカートに姿勢制御アポジモーターを想定したバーニアモールド追加。下部のダクト部を開口し、エポキシパテでフレームを作成。表から見える部分はスリットプラ版でディテールを入れています。
サイドアーマー内側の肉抜きを、0.3ミリプラ版で塞ぎました。
リアスカート上部のバーニアを開口し、内部にスリットプラ版を入れています。
また、センターで分割し、独立可動できるようにしました。


○腕
肩アーマー前後、前腕前後に姿勢制御アポジモーターを想定したバーニアモールド追加。
各部にピンバイスでディテール追加をし、情報量アップを図りました。


○脚
ふくらはぎ上部、かかとサイドに姿勢制御アポジモーターを想定したバーニアモールド追加。
太もも下部のスジ彫り修正。
ひざアーマーをアニメ設定のように内側のスリットを追加。ダクト内部には、フレームにスリットプラ版を貼り、奥行きを持たせました。
アンクルサポートは、筋彫りを埋め、下から見たときのスナップフィットのピンがわからないようにパテ類で形状修正しました。
甲の先のダクトは奥行きを持たせた形状に変更し、奥にスリットプラ版を入れています。
各部にピンバイスでディテール追加をし、情報量アップを図りました。


○エールユニット
上側のバーニアはフィンをきり飛ばし、内部バーニアを新造し、フィンは設定の一枚にし、プラバンで新造、一番上のフィンはプラバンで延長し、別パーツ化しています。
下側のバーニア部をくり抜いて、内部にバーニアを新造。二重構造にしています。
センターのフィンは作り直し、エール羽の先は尖らせています。
ビームサーベルを大型化。MGガンダムのビームジャベリンを改造し製作しました。
肩口横にくるダクトのフィンをシャープに削りました。


○ディスプレイカタパルト
電源コネクターの先を真鍮線でディテールアップしています。
その他は基本的に何もしていませんが、塗装してあります。

◆塗装
基本処理、サフ終了後
同系色の淡いグラデーション仕上げにしております。

ホワイト:ホワイト+ブラック+コバルトブルー極少量>ホワイトでグラデーション。
ブルー :コバルトブルー>コバルトブルー+ホワイトでグラデーション。
イエロー:イエロー+ホワイト+レッド極少量>左記にホワイトを足したイエローでグラデーション。
レッド :レッド>モンザレッドでグラデーション。
メカ色 :ベースグレー>スーパーシルバーをミスト塗装。
ライフル:ベースグレー>スーパーシルバー>クリアーブルー+クリアーレッド+スモークグレー。
トップコート:スーパークリアー2+スーパークリアーつや消しでつや消し仕上げ。

その他、マーキングシール、ガンダムデカール等でディテールアップしています。
スミイレは各種エナメル塗料を混合し、2〜3色使い分けしております。
ひざ、股間上部、フロントスカート、つま先、リアスカートバーニアの内部に、エバーグリーンのスリットプラバンを入れています。
キットは一体整形もしくはつら一のディテールなしなので、イメージ的にフィンらしくしています。つま先は間にもう一本筋彫りを入れ、細めのスリットにしています。塗りわけも楽になります
各部に「姿勢制御アポジモーター」を意識したモールドを追加してみました。
情報量の増加と、精密感を狙ってやってみました。前腕とフロントスカートは筆塗り。その他は別パーツ化し、塗装後にはめています。
フロントスカート、及びサイドスカートの裏面。
フロントスカートは表の関係上、エポパテでフレームを作ってみました。
サイドスカートは0.3ミリプラ版で塞いでいます。抜きの部分は「アーマーシュナイダー」の逃げですので、そのままあけてあります。
メインカメラ発光ギミック
コクピットハッチに「メインカメラ用スイッチ」、リアバーニアを取り外すと「電池ボックス」があります。コクピットハッチ上部は削りこんで、できるだけスムーズにオープンできるようにしています。
電池は上がプラスです、2個配置し、ボルト数を安定させるための抵抗はスイッチ裏にハンダ付けしてあります。
頭部との配線も、塗装後にハンダ付けしています。
エールユニット内部
ノーマルでもディテールはすごいのですが、一体整形のため、くり抜いて2重構造に改造しました。
上部はアニメ設定のようにフィンを一枚にし、内部をスリットプラバン、市販バーニアで作りました。
下部の内部も市販品のバーニアパーツ類とプラバンで作ました。
フィンはセンターの一枚のみプラバンで作り直しています。
すべて塗装後に組み付け、エポキシ系接着剤で固定してあります。


製作途中コーナーは
ここをクリック
してください。
カタパルトデッキ

これといって改造はしていませんが、電源コネクターを真鍮線でディテールアップしてあります。(写真下)
ストライクのフレームと同じ塗装です。
GALLERY TOP
LED
頭部を写真のように分割。
ポリキャップのギリギリ上までプラバンで床をさげ、LEDをセット。丁度クリアーパーツ(写真下)のセンター部の丸い部分にレンズが来ます。クリアーパーツをピンバイスでLEDのスペースを開け、組んだ時にその場所にレンズが来るようになります。丁度光ファイバーのような感じに光がもれます。
さらに800番くらいで、クリアー塗装後にツインアイ、メインカメラを軽く傷つけると、淵まで綺麗に光ります。