MG νGUNDAM改 
-RX-93νGUNDAM Ver.ke[type3]-

今回のコンセプトは「小説版νGUNDAM」
小説版逆襲のシャアではサザビーはナイチンゲールとして描かれていますが、νガンダムはHi-νではなく、あくまでνとしてかかれています。そこで、Hi-νとしてアレンジされる前のラフ画(挿絵)のイメージを自分なりにνのラインとあわせ、オリジナル解釈で製作してみました。
挿絵の中ではナイチンゲールはサザビーの形状でも書かれていました。Hi-νは後にリデザインされたので、今回はあくまで「ν」として自分のイメージする「小説版」として製作してみました。
◆改修箇所
○頭部
以前イボルブν用にスクラッチした頭部をマイナーチェンジし複製。
そのマイナーチェンジ版頭部をさらにエポキシパテメインで形状変更しています。
ブレードアンテナはノーマルですが、基部は形状変更。
サイドダクトは0.25プラバンでシャープに作り直し。
頭頂部メインカメラを二重構造に。
バルカンは1.2ミリ真鍮パイプを切り出し。

○上半身
幅広なイメージは残したかったのであえてダクトまでの幅はノーマル。
ただし、小さくなった頭部には肩幅が広すぎるので、上に行くほど幅つめ。
フレームを削り、外装をあわせています。
腕基部フレームの幅は変わらないので、腕のつき位置は変更していません。
外装は取り外し可能ですがクリアランスギリギリですので、はずした撮影は完成後しておりません。
ダクトは筋彫りで各部分をくっきりと。
コクピットハッチは上面をギリギリまで低くしました。白いパーツも新造。
腹の段部分も筋彫り。
センサーを二重構造に。

○腰下
股間アーマー、フロントスカート共にイボルブν製作時のものをベースに改造。
微妙に形状が異なります。
サイドスカートはキットをもう一機分用意し、約7ミリ延長。
リアスカートももう一機分を継ぎ足し、上面の幅調整等でつじつまあわせ。
赤いパーツ幅も変わっています。
Vマークはスクラッチ。塗装後接着。

○腕
肩アーマー取り付け方法を変更。
肩フレーム接続ピンを横>上にし、ここに接続することにより上、内側にフレームが寄ります。
その分、肩アーマーが内側に入るので、狭くした肩幅とつじつまあわせ。
下、外側に大型化。フレームも外側に大型化し、イボルブν用に以前作ったバーニアパーツをさらに形状変更し接続。
これで肩アーマーが大きくなったのですが、ほぼキットと同じ幅になり、視覚的により胸部が小さく見えます。
左腕サーベルラックはディティールを追加し、より情報量のUP。
右腕はエッジ調整のみ。
両腕とも段落ちモールドは筋彫りを施し、別パーツを意識。
マニピュレーターはHDM(ハイディティールマニピュレーター)とノーマルを製作。
共に甲の人差し指部分に「イズブチデザイン風モールド」を取り入れています。平手は表情を角度変更により変えています。

○脚
股間軸接続部分の後ろをカット。より足が開くように。
ひざアーマーを張り出し。
脹脛左右アーマー内のスラスターを外側に大型化。くりぬいて底面にモールド追加。
広がった分装甲を調節。
リアスラスターカバーをキットをもう一個使用し大型化。
ただかぶせただけにならないように各部調整。
イズブチモールド追加。
足首はイボルブν製作時に新造した「球体間接」に変更。
見た目の印象が大幅に変わるのと、稼動範囲も格段に向上。
ソールも同じくイボルブν製作時のものをベースに改造。
甲の部分もきっとパーツの切り方を変更し、よりメリハリのあるラインに。
(今回はイボルブνではないので、できるだけデザイン変更しています)

○バックパック
下側に行くほど約3ミリ接続部が広がるように改造。
つき角度を変更しています。
これにより末広がりなラインにしています。
丸一モールドはくりぬきバーニアパーツで二重構造に。
さらにエッチングパーツでモールド追加。

○武装
ライフル
基本的にノーマルですが、モールドの一部作り直し。
先端部の分割。
バズーカ
センサーを二重構造に。
後部弾奏部分の分割変更。
ミサイルのディティールアップ。
排気口のディティールアップ(メタルビーズ使用)
ファンネルはノーマル無改造。

○その他
各部分メタルビーズ(ツブシ玉)2.0、2.5、3.0でアポジモーターを中心にディティールアップ。
◆塗装(F=フィニッシャーズ、C=クレオス)
○ホワイト
Fファンデーションホワイト+Fピュアブラック少量
○ブルー
Fスーパーディープブルー(発売前のプロトタイプ色)
○レッド
Fファンデーションホワイト>Fブライトレッド+Fレモンイエロー+
ファンデーションホワイト
○イエロー
Fディープイエロー+Fファンデーションホワイト+Fピュアレッド
○グリーン(センサー等)
クリアーグリーン
(ツインアイは先にスーパーファインシルバー)
Fファンデーションホワイト+Fピュアブラック
○メタリック色
ノズル部
Cスーパーアイアン&スーパーファインシルバー
足フレーム、スカート裏
Cスーパーチタン

○スミ入れ
エナメルカラー2〜3色で行いました。
○トップコート
Cスーパークリアー(つや消し)

デカールはオリジナル製作の物を使用。

あとがき
今回は百鬼夜行に出すためにもかなりがんばりました。
作品としては「シンプル」な方向性を目指していましたので、自分なりには「成功」だと思っております。
ただ単に「シンプル」では面白くないので、メリハリの利いたラインと細かい部分の作り込みをメインに、できるだけ派手な筋彫りやデカールを廃した感じでいながら「情報量」をUPするためにエッジ等により気を使うようにしてみました。
ただ、ノーマルを知らない人には「どこがかわったの?」と思われるかもしれないですね。かなり微妙な改修箇所もありますので。
ともあれ「わかる人にはわかる改修」は出来ていると思います(^^)

あ、あと今回のデカールはこだわりの「小説版」
肩のアムロマークがSDHi−νのときと同じくデザインが変わっています(^^)
頭部
今回一番時間のかかっている部分です。
イボルブνのレジンパーツベースで完全ワンオフで製作しています。
(未複製)

このところの僕の作品全体に言えますが特にνシリーズでは気を使っている
「角度により表情が変わる」
「前から見たときにツインアイが見える」
というのを意識しています。
特に今回はひさしを伸ばしているのでその辺の調整には特に気を使いました。
バルカン形状を含め、ヘルメット〜マスクまでほぼ全形状が変更されています。

→はキットパーツとの比較。
大きさ、形状とまったく異なります。
ブレードアンテナのつき角度にも注目。
あごはイズブチ画のバランスを参考に長すぎないように延長。無論、頬を含めたあごのラインを全部やり直しています。

センサー部分
keita定番の二重構造です

覗き込まないと見えませんが・・・
首は間接技ボールジョイントで二重間接に。
これは頭部が前後に伸び、さらに頬あても大きくなり、顔を横に向けられないのでやってみました。効果はかなりあります。
胸部センサー類。
大きいほうは内部パーツを作って2重構造化。
小さいほうは裏からラピーテープ、表から塩ビ版です。
フロントスカート
股間アーマー
共にイボルブνの複製品を改修。
ノーマルとは形状が異なります。
Vマークはプラバンでスクラッチ。
リアアーマー
ここは約1.6倍に延長。各部分のつじつまあわせに苦労した場所です。ただ単に延長ではラインが合わないので。
筋彫りを追加しています。
サイドアーマー
延長し大型化。
さらに今回は小型各バーニア部分に段落ちモールドを入れて情報量を上げています。
膝も同じく。
スカートアーマー裏
今回はフレーム色とチタンシルバーの2色で塗りわけしてみました。
肩サイドスラスター

イボルブνのときに作った物を改修。
つき方こそ同じですが長さが異なります。下側は向きも逆です。
内部バーにアは市販パーツをスーパーアイアンで塗装。
HDM
左握り手
ライフル握り手
以外の画像。
手前と手前真ん中はノーマルマニピュです。
バズーカ諸々用に作りました。
すべて手の甲の人差し指部分に「イズブチモ−ルド」入れてます。
右腕
基本形状はそのままですが、各部エッジ調整とアポジモーターをツブシ玉2.5ミリでディティールアップしています。
左腕
こちらも右腕と同じく各部分改修。
サーベルラックはディティールの追加と塗りわけにより情報量のUPを狙っています。
可変式サーベルラック。腕をどちらの方向にしてもシールドを横に持ってこれます。
サーベルラック
内部の状態です。
見えないところですが金属エッチングパーツ等でディティールアップしています。
脚部
フレームを塗りわけ。わかりにくいですが脹脛部分をマスキングし、骨組部分をチタンシルバーで塗りわけ。
ダクトの大型化、内部を開口しています。
こちらも腕と同じくアポジモーターをツブシ玉で金属化。
イズブチモールド(5穴)もあけてみました。
膝アーマーの形状もわかると思います。
膝スラスター
サイドアーマーと同じく段落ちモールド追加。

右下画像は内部が見えると思います。
ピンバイスで開口し、〇モールド化しています。
←リアアンダービュー

クリックしてください。
バックパック
サイドスラスターを別パーツ化。
取り付け角度も変更しています。
各ノズル
簡易旋盤加工により各エッジをシャープ化。特にバックパック、足裏用は内側から大きく削り、一回り大きく見せるようにしています。足裏はブラスパイプLをシルバー塗装、脹脛用はツブシ玉3.0ミリでデコレート。
シールド
表面
エッジ調整と筋彫りの追加。モールドの除去。
裏面、凹モールド部分にエッチングパーツでマイナスモールド追加。
最上面も穴を埋め、エッチングパーツでディティールアップ。ビーム砲先端はブラスパイプMをシルバー塗装し、埋め込みしています。
武装
基本的にノーマルですが各部分をディティールアップしています。
ライフルは細かい部分の作り直し。
バズーカ後部排気口内部はツブシ玉でデコレート。
ミサイルもいったん削り込んでその上に〇モールドを2重で装着しました。
専用台座
ブラウザで戻ってください