Re-GZ AMURO RAY'S CUSTOMIZE
出淵裕メカニカルデザインワークス (1)」 に掲載されている「アムロ専用」として書かれている機体です。Re−GZのラフ検討時に描かれた機体で、細部が決定画稿とは異なります。
(左画像は誌面を撮影した物です)

よりアムロカスタム的なイメージを頭に置き、「MG Re-GZ」をベースに改造しました。
原稿がラフ一枚しかありませんので、細部、リアビューなどわからない所はオリジナル解釈で製作しております。
◆改造点

○頭部
全体的に削り込んで縮小しています。同時に形状変更。ブレードアンテナ及び基部はMGνガンダムの物を加工。

○胸部
ここも基本的にサイドのボリュームが違うのでエポキシパテ(以下エポパテ)、プラ材で形状変更。また、スリットが入るのでくり抜いています。
抜きに関係か複雑な構成のキットの無駄な部分を接着し、前後合わせにして簡略化と剛性アップをはかりました。
胸部インテークは形が悪いので、エポパテで作り直し。内部をエバーグリーンのスリット入りプラバンで作っています。VHFアンテナも追加。

○腰下
股間フレームは、変形機構をオミットした分、思い切って形状変更しています。
股間軸を前にずらし、後方に傾け、さらに1センチほど下げています。これで立ちポーズが決まりやすく、脚が開き、脚が長くなります。
サイドアーマーは市販パーツ+αで改造。また、取り付けが脚フレームだったのを1/100HGストライクガンダムのフレームを移植し、腰フレーム接続に変更しています。
フロント、センターアーマーは、プラバン、エポパテで形状変更。裏面はディティールを作りました。センターアーマーは「V」マークが入ります。プラバン削りだしで製作しています。

○腕
面取りの変更、及び分割ライン変更、ひじ形状変更、肩フレーム追加、肩接続変更、マニピュレーター変更(MGフリーダム用が一り小さいので使用。)

○脚
脚部外装は、似ているようでラインが全く異なりますので、ここもエポパテ、プラバンで形状変更。
また、フレームの間にすねアーマーの一部が挟み込まれるのですが、そのラインが存在しなくなりますので外装と一体化。左右外装をはずすだけで完全にフレーム状態になります。
ヒザアーマーも形状が全く異なりますので、キットを芯にしながらもほぼ作り直しました。
リアバーニアカバーの先端もパターンが異なりますので、ノーマルを切断し形状変更しています。基本フレームはキットのままです

○バックパック
ここはフロントビューしか存在しない「ラフ」から見受けられる印象では、全く異なったバックパックだと判断し、オリジナル製作しました。
世界観とデザインの統一を頭に入れ、ノーマルバックパック+テールスタビレータ+MGアレックスのチョバムアーマー(出淵デザインなので)+MGνノズル+Ver’kaバックパックフレーム+BWSのプロペラント(これはHSガンダム(νの初期画稿)のラフイメージで製作)+旧1/100ZETAのサーベル、エポパテ、プラ材、市販パーツでスクラッチしました。

○武装
ライフル
ノーマルライフルよりも、「アムロ専用」のイメージが欲しかったので、「νガンダム用ビームライフルのプロトタイプ」という設定でMGνのライフルをジャンクパーツ、プラ材でオリジナル形状に変更しもたせる事にしました。
ノーマルライフルも製作しています。
サーベル
旧1/100ZETAのサーベル基部を改造。ビーム刃は「ピンク」をチョイスしました。
シールド
基本的にノーマルですが、腕部との接続軸が回転すらしない設計ですので、あらゆる角度に対応できるように、可動接続軸を新造しました。
◆塗装
基本処理、サフ終了後

○白
フィニッシャーズ ピュアホワイト
○青
フィニッシャーズ ファンデーションホワイト>クレオス コバルトブルー+ホワイト+蛍光ピンク少量
○紺(テールスタビレータ上部)
ガンダムカラーブルー14
○赤
フィニッシャーズ ファンデーションホワイト>フィニッシャーズリッチレッド+クレオス 蛍光ピンク+ホワイト
○黄
フィニッシャーズ ファンデーションホワイト>ガンダムカラーイエロー2
○メカ色
ニュートラルグレー+軍艦色2+ホワイト
○武器類
ニュートラルグレー+ネービーブルー+ホワイト
○トップコート
スーパークリアーつや消し+スーパークリアー2でつや消し仕上げ。
使用キット MG Re-GZ

Re-GZ AMURO RAY'S CUSTOMIZE GALLERY
今回も頭頂部、後頭部センサー、ライフルセンサーを2重構造にしています。
かなり小さいのでよく見ないとわかりにくいです・・・
グレネードもそのまま活かしてあります。
但し、腕部改造の都合上、せり出しはしません。


肩アーマーをはずしての撮影。
ノーマルキットでは腕部付け根、胴体側がスカスカでしたので、プラバン市販パーツでデコレートしています。
フレーム先端にあるポリキャップに肩アーマーを接続しています。

今回のお気に入り。(^^)
オリジナルバックパックです。
νのバックパックのイメージを盛り込みましたが実はノズル以外はνのパーツはありません。チョバムアーマーに見えないでしょ?
がんばって形状変更しました。
テールスタビレータもジャンクパーツでデコレートしてあります。
プロペラントは関節技ボールジョイントとMGのポリキャップで接続。スムーズに可動します。写真のように、ノズルも上下します。(基部フレームはGUNDAM Ver’ka。
ここを含め、○バーニアには全てシルバー塗装のノズルを入れています。

コクピットはキットのまま開閉できます。
胸部ノズルはエポパテでスクラッチ。底面はエバーグリーンのプラバンを貼っています。
アーマー裏
前後左右全て塗分けました。
マスキングもなれると楽しいです。(大変ですが・・)
股間フレームの状態もわかるでしょうか。
リガズィーの難点の一つ(少し前のキットはこういうのでしたっけ?)
ノーマルの場合、腕につけてしまうと回転すら出来ません。そこで、可動式の接続軸を新造しました。
これで、写真左のように腕の向きを変えてもシールドを横に持ってこれます。
また回転もしますので、ある程度自由な位置にシールドを持っていけます。
ライフルは二種類用意。
あくまで個人的にですが、ノーマルライフルは小さく感じて、アムロが持つ武器に感じ取れません、
そこでνガンダムのライフルをチョイス。
そのままではなんですので、「ν開発時のプロトタイプ」という解釈で少しデザインをいじってみました
サーベル
本体は旧1/100ZETAのものです。
ZETA系には細目が似合うのでチョイスしました。
開口し、サーベル刃が入るようにしています。
サーベル刃はペーパーがけし、つや消しクリアーで仕上げています。
3面図
股間軸の調整で「ひざ立ち」もこのとうりです。サイドアーマーの加工もMSに限定すれば効果的です。
今回はコクピットに「アムロ」が搭乗しています。(^^)
塗装前途中状態はこちらです。
ブラウザでお戻りください
あとがき
ラフのみしかないのでむずかしい反面、好きに作れる部分も多く、楽しく作れました。
カラーリングはHi−ν的な雰囲気にして、より精悍なイメージになったかなと思います。
元のキット自体は悪くはないのですが、バランスが微妙な気もします。
その辺の解消も出来たと思いますが・・・