左ウイングははずして撮影しています。
STRIKE FREEDOM
-MasterGrade Dimension-

フリーダムに変わるキラ・ヤマトの新しい剣「ストライクフリーダム」です。
1/100ストライクフリーダムをMGフリーダムのディメンションに合わせる形で徹底改修。
(一部MGフリーダムのパーツを改造。頭部、肩接続フレーム、手首接続フレーム、サーベル 注:マニピュレーターはMGウイングガンダム改造)
各部バランスの見直し、調整を繰り返しMGに匹敵するプロポーションを目指しました。


◆改修箇所
○頭部
MGフリーダムのヘッドパーツをベースに改修。
ツインアイの作り直し、クマドリのバランス変更、マスクのラインを微妙に調節。
ブレードアンテナはストライクフリーダムを改造。シャープ化、白アンテナの延長。
頭頂部メインカメラを二重構造に。さらにストライクフリーダムの「二段」に改造。

○上半身
エリの内側にディティール追加。
胸部ダクトをスリットプラバン、0.25ミリプラバンで新造。
胴体下部で青パーツを2ミリ、白パーツは腰の切りカキを生めさらに3ミリ延長。
回転しない腰を回転可能に。
腹部大型ビーム砲の取り付け位置調整。
紺色パーツを腹部にあわせ延長。

○腰下
股間フレームを腰軸ごと切断、股間パーツ、Fスカート共にクスィフィアス接続フレーム分かさ上げ。
股間フレームをかさ上げ分下側に大型化。
股間外装角度変更、筋彫り追加。
F.Rスカート延長、裏面ディティールつくりお越し。
クスィフィアス接続バーを角>丸にABSランナーにて変更。回転、左右スイングに対応。
クスィフィアスの折りたたみ時の角度変更。
ビームサーベルをMGフリーダムの物に変更。ビーム刃基部をブラスパイプMAX SSにて改造。
股間軸を関節技ボールジョイントで角度変更後、位置調整。
MGフリーダム用の台座を接続できるように、専用ポリキャップを仕込んでいます。

○腕部
肩アーマーはMGフリーダムの肩フレームを使用し、ボールジョイントにてポリキャップ接続。
肩アーマーを外側に2ミリ大型化。
筋彫り、ディティールの追加。
上腕をクリアランス調整。1ミリ延長。
間接フレームにディティール追加。
ビームシールドプレートの裏側をパテにて埋めています。
手首をくりぬき、MGフリーダムの手首パーツでデコレート。
マニピュレーターは一回り小さく精度の高いMGウイングガンダムの物に変更。
甲のパーツに劇中イメージの人差し指の段差を再現。

○脚部
太もも後部クリアランス調整、エッジ調整。
膝フレームにディティール追加。
膝アーマー切断後、角度変更。白パーツを上側に大型化。ラインの調整。
膝すらスターを市販パーツに変更。
スネ前部を角度変更、小型化。
アンクルサポートアーマーを挟み込みから後部ボールジョイント接続に変更、
後部で約1.2ミリ幅詰め、サイドダクト開口、内部別パーツ接続。。
接続基部を、足首フレームに新造しつつ3ミリ延長。
ソール部白パーツをエッジたて、ダクト形状変更、後部に延長。
それに伴いソール青パーツの形状変更、削り込みで小型化、面取り変更。
足裏バーニアをメタルビーズで質感UP。

○スーパードラグーンシステム(リアウイング)
先端の凹モールド埋め。
形状、大きさはベストと判断、変更せず。
外れやすい基部を真鍮線で位置出し、ブレ防止で対応。


○武装
ライフル:カウリングの形状変更、延長。後部延長、先端部をMGフリーダムのライフルから移植。センサーを2重構造に。
ロングライフル(連結状態):より大型化するためロングライフル用としてもう一組用意。先端をMG陸戦ガンダムのライフルの物を移植。カウリングの形状変更、延長。最後部の引き出し部分のロング化、パイプをアルミパイプに。
センサーを2重構造に。
ビームシールド:切りカキを増やし、表情付け。


※その他、ダクト内部をスリットプラバンで精度アップや、マスキングで底面を塗分けています。
※各部にメタルビーズ(本体:ピンクゴールド、武装:シルバー)でアクセント。
※MGフリーダム用台座をセット。



◆塗装(F=フィニッシャーズ、K=クレオス、G=ガンダムカラー、T=タミヤアクリルカラー)
○ホワイト
Fファンデーションホワイト
○紺
Gブルー14
○ブルー
Kコバルトブルー+Fファンデーションホワイト+K蛍光ピンク少々
○レッド
Fファンデーションホワイト>Fブライトレッド+Fレモンイエロー+ファンデーションホワイト
○イエロー
Gイエロー2+Fファンデーションホワイト
○フレーム各色
Kニュートラルグレー
Fファンデーションホワイト+Fピュアブラック
Kスーパーゴールド
○メタリック色ノズル部
Kスーパーアイアン
○スミ入れ
エナメルカラー2〜3色で行いました。
○トップコート
Kスーパークリアー(つや消し)+Kスーパークリアー2
◆上半身






ブラウザでお戻りください。
塗装前の画像つき改造説明とアクションイメージのGALLERYです。ご覧ください
◆腕
◆腰下
◆脚部
◆武装
◆比較画像
MGフリーダムキット仮組みとの比較です。
1/100ストライクフリーダムキット仮組みとの比較です。
センサー部
クリアー塗装塩ビ版で2重構造に。
全部上段はレンズのみ、下段及び後部は内部パーツが入っています。見えませんね・・・
ダクト
枠は胸部パーツ、スリット一枚を塗ワケで再現。
キットに比べ開口広くシャープな印象にしました。
頭部比較です。
クリックで大画像になります。
エリパーツ。
キットは何もないので、MG風にディティールをプラバンで再現。
↑裏面はスリットプラバンで塗わけ。
←、筋彫り&デイティール追加。
ガンダムの世界で言う「アポジモーター」モールドをメタルビーズで表現。
肩スイング
フレームとボールジョイント接続。
クリアランスの関係で大きくは動きませんが前後、上下に可動。表情に変化を付けられます。
マニピュレーター。
MGウイングゼロの物を流用。ライフルの握り保持力UP加工を内側に施してあります。
こだわりの「劇中ディティール」人差し指の部分を「イズブチ風」に改修。
平手はキットの物を使用。
ディティールの調整、可動指と同じくモールド追加。
クスィフィアス3
ここはキットでは回転すら出来ません。
回転出切るように基部を改修。

同じく開きに対応。
設定どおり後に展開も出来、ライフル接続可能です。
(キット推奨)
以前の作品、MGフリーダム、インパルスの加工と同じく
サーベル基部をブラスパイプMAX-SSでデコレート。
先端は開口し塗りわけを楽にするのと、奥行き間をだしました。モールドはメタルビーズ。
F.Rアーマー裏
オリジナルディティール&塗わけ。
股間フレームにMGフリーダムのポリキャップを埋め込み。
台座接続可能です。
リアアーマー
かなりロング化。
ノーマルの2倍弱の長さにしています。各部ディティール追加。
ヒザは大きく各バランスを変更。
より脚が長く、すらっと見えるようにひざを延長。
さらにダクト部分も市販パーツ改造で大型化。
フクラハギ上面、かかとにも「アポジモーター」を意識したモールドを追加。
メタルビーズで対応。
ソール
エッジ、各面取り変更。
底面面積は変わらない物の、削り込みでよりシャープに。ダクトモールドも開口。内部底面をエバグリプラバンで再現
アンクルサポート。
接続法の解釈の変更。
幅つめと上部フレームも新造し、ゴールドに塗装。
↑この角度からアンクルサポート横のダクトが見えます。
出来るだけ淵を薄く開口。
←リアアンダービュー
クリックすると大きな画像になります。
ライフル
大型化。センサーを二重構造に。
詳しくは下のRemodeling explanationをご覧ください。
ロングライフル
連結時専用に大型化。センサーを二重構造に。
最後部のシリンダー部は実際にアルミパイプを使い、仕上げました。プライマー仕上げ。
詳しくは下のRemodeling explanationをご覧ください。
ビームシールド
切り込みでビーム刃を調節。ホワイトで裏面からグラデーション。
表、裏からつや消しトップコートで仕上げています。
あとがき

大好きなフリーダムに続き、ストライクフリーダムを製作することが出来ました。
デスティニーをもしのぐ勢いの機体人気ですが、キットの出来に関しては、MGフリーダム登場後と言うこともあり、どうしてもプロポーション、精度にたいして各方面で不満が出ているようですね。
MGフリーダム改修。という方法も考えていましたが、今回は他のモデラーもその方向性で作られる方が多いようですので、あえて「違う方向性、1/100の徹底改修」という選択をしました。
どうしても一部MGのパーツは流用していますが、「改造次第で1/100キットもここまで出来る」という物に挑戦しました。
結果、MGに見劣りしないシルエットに仕上がったと思いますがいかがでしょうか?(^^)