WING GNDAM ZERO CUSTOM
[Ver'ka compatible]
ヒイロ:「教えてくれ・・・・・オレたちは、
あと、何人殺せばいい?
オレは、あと何回、
あの子とあの子犬を殺せばいいんだ・・・・


Endless Waltz 主人公機、WING ZEROをMG WING GUNDAM[Ver'ka]を改修し製作しました。
もともと本体デザインが共通なこの2機なので、ウイングの改造がメインとなっています。
また、Ver'ka仕様にもできるよう、compatibleにしてあります。
WING ZEROはウイングが目玉になりますので、HGキットのウイングをベースに設定画を参考に改修してみました。基本的に本体は大きな改造はしておりません。(ペーパーがけ等により面、エッジ出し、筋彫りの彫りなおし等を行っています。)
基本的にCM誌に掲載のカトキハジメ監修「ウイングガンダムゼロカスタム」のカラーイラストを参考にウイングの改修、カラーリングの配色、色合いを意識ました。また付属のマーキングシールを使っています。今回このマーキングシールの張り込みに約4時間、切り出ししながら配置の確認と、かなり時間がかかりました。
Ver’kaのマーキングも使いながら製作しています。
◆改造点

○頭部
頬のダクトをプラ板にて作り直し、シャープな印象に。
フェイスは若干細面にし、あごを少し延長、整形しています。
アンテナをシャープに。

○胸部
腰部分が後ろ側に反りすぎないように、ストッパーを作りました。

○腰下
より足がハの字に開くように、股間軸後ろとももフレーム及び外装を削りました。

○腕
肩内部の腕ポリ軸が見えるので、0.3ミリプラ板をあて、面調整。
前腕のゼロカスタム時の小ウイングはプラ板にて新造。
マニピュレーターの甲の部分を薄く形状変更。

〇バックパック
基本はVer'kaのままで、ゼロカスタムの子羽用マウントをスクラッチ。
引っ掛ける形で脱着します。

○ウイング
HGキットのパーツを芯に軽量エポキシパテにて細部、裏面を形状変更。
子羽はエバーグリーンの1.5ミリプラ板ですべて新造。(エバーグリーン製のプラ板は粘りがあります)
リアの小ウイングもHGキットを芯に大幅に形状変更。
(HGキットは選択式でオープンも選べますが、形状優先でオミットしています。)
小ウイング用のステーも設定画を参考に形状変更。
(キットはビームサーベルが入っていますが、ここも形状優先でオミットしています。)

○武器
HGゼロカスタムのツインバスターライフルをディティールアップ。
センサーはクリアーパーツでディティールアップ。
砲身を太く新造。パイピングの変更を行いました。
◆塗装
基本処理、サフ終了後

○白
ホワイト+サンドイエロー+マホガニー極少量をベースに、ホワイトでグラデーション。
○青
コバルトブルー+モンザレッド+クリアーブルー極少量+クリアーグリーン極少量をベースに、左記に白を足した色でグラデーション。
○赤
モンザレッドをベースに、ホワイト+モンザレッド+蛍光オレンジ+イエローでグラデーション。
○黄
ガンダムカラーイエロー2をベースにホワイト+イエロー+蛍光オレンジ少量+モンザレッド少量でグラデーション。
○メカ色
マホガニー+ニュートラルグレー+カーキグリーン
○武器類
ニュートラルグレー+ホワイト+レッド少量+コバルトブルー少量
○トップコート
スーパークリアーつや消し+スーパークリアー2でつや消し仕上げ。

※ウイングゼロを基準にした配色でVer'kaバージョンをアレンジ塗装しています。

その他、マーキングシール、ガンダムデカール等でディテールアップしています。
スミイレは各種エナメル塗料を混合し、2〜3色使い分けしております。
メインカメラは反射シールでアクセントとしました。
使用キット:MG WING GUNDAM「Ver'ka」+HG WING GUNDAM ZEROCUSTOM

ウイングの換装
最大の難点、後ろの二枚羽の基部は脱着式のカバーを製作しています。
まず、(写真は右側の羽をはずしています)、後ろの二枚羽ごと写真のように持ち上げます。
(展示時は下にしかテンションがかからないのでこうしました。持ち上げる時は羽に注意です)
すると丁度上側のセンターで引っ掛けてありますので簡単にはずせます。
その後おおばねの基部をポリ隠しごとはずし、Verkaウイングに差し替えます。
WING ZERO/WING[Ver'ka] PHOTGALLERY
製作途中状態はこちらをクリックしてください。
あとがき
しかしできのいいキットです。
細かいところ以外のプロポーションには手をつけていませんが、カッコよすぎです。ストレートに組んでも最高の造形が手にはいるMGの中でも特にできのいいキットだと思いました。
ウイングゼロ単体で作る予定でしたが、上手くコンパチにできそうだったので、パーツを残すことなく作れてよかったです。
ストレスなく組むことができました。
これまた、良い作品になったとおもっております。
ブラウザでお戻りください。
腕の小羽の換装
みての通り差し替えるだけですが、プラバン製ですので、横に力が入らないように垂直に引き抜きます。あとはVer'kaのパーツに差し替えるだけです。
ツインバスターライフルは先端を太くしてあります。
この角度では見えにくいですがセンサー後部のパイピングをラジエターホースに変更。センサー部も市販角バーニアでシャープにし、センサー部はHアイズにしています。
バスターライフルは配色のみ変更。
パーツ構成
このようになります。
サーベルはウイング用に2本製作。
劇中ではグリーンに見えるのですが、キットがピンクでしたので、ストライクガンダムの物をチョイス。グリーン刃はVer’kaの物がありますので差し替えで使用可能です。
←装着時
 この状態で取り外します。→